辛い治療を乗り越えられる

人形

正常な細胞が突然変異することでがん細胞が誕生します。そしてそのがん細胞が増殖を繰り返すことで、がんが発生するのです。通常がん細胞ができる前に免疫細胞が排除してくれるためがんは発生しづらいですが、その免疫細胞が見つけられないことでがんがどんどん増殖してしまうのです。それに気づかずに生活をしていると進行してしまい、いつの間にかステージ4になっているという場合があります。ステージ4になると転移や浸潤を繰り返していることが多く治療も困難になります。ですから、がんは早期発見が重要なのです。

がんの治療は手術や放射線、抗がん剤がメインとなりますが副作用があるため望まない人も多いでしょう。しかし治療を受けなければがんは治すことができません。他の治療を受けたいと思っている場合は、免疫療法を検討してみてください。免疫療法はご自身の免疫細胞でがん細胞を攻撃する治療法です。一度採血をしてそこから正常な免疫細胞を抜き取ります。そして、再度ご自身の体に戻してがん細胞を治療していくのです。抗がん剤もがん細胞を攻撃してくれる働きがあるのですが、一緒に正常な細胞も攻撃してしまうため副作用が生じるのです。しかし免疫細胞はがん細胞だけをピンポイントに攻撃してくれるため、副作用が現れません。また、元はご自身の体にあった細胞を使っているので、拒否反応の心配もないです。このような免疫療法が誕生したことにより、以前よりも積極的にがん治療に望めるようになった人が増えました。がん治療のことで悩んでいる人は一度免疫療法を視野に入れてみましょう。