名医の条件

診察

治療は名医のいるクリニックを選ぼう

下肢静脈瘤という病気は、すぐ命に関わるような病気ではありません。しかし、放置してしまうと段々と悪化していき大変な事になるでしょう。この病気は足の血管がボコボコとコブみたいに浮き出てきたり、足の血管が皮膚の下に蜘蛛の巣状に広がったりします。足が攣りやすくなってきたり、ふくらはぎが重いと感じたりするようになったら、下肢静脈瘤の可能性があるので早めに医師の診断を受けるようにしましょう。下肢静脈瘤の治療を受けるには高周波やレーザー手術などの経験が豊富で、心臓血管外科医師のいるクリニックで診断をしてもらうと安心です。いわゆる名医に診てもらう事になりますが、名医と呼ばれるにはいくつかの条件があります。そのポイントを押さえて、名医に下肢静脈瘤の診断をしてもらいましょう。まず、一つ目の条件として、高周波やレーザー手術の経験が豊富で実績の高い医師を選ぶようにします。現在では高周波カテーテル、レーザーによる血管内の治療が下肢静脈瘤を治療する方法としては主流です。さらにこの治療法は保険が適用される為、費用の面でもメリットがあります。クリニックのホームページなどで、医師のプロフィールを確認しながら選びましょう。そして、その際にもう一点確認したいことが、心臓血管外科の経験がある医師かどうかです。病気の病態も人それぞれ様々なので、臨機応変に対応できる医師でなくてはいけません。心臓血管外科の経験がある医師であれば、適切な対応が可能と言えるので手術の際にも心配はいらないでしょう。