がん治療の有益な情報

病院

高額な治療費への対応

免疫療法の副作用は、あったとしても一時的な発熱程度ですので、体への負担が非常に少ない治療法です。そのことは、がんの三大治療、手術、放射線治療、抗がん剤治療とは大きく異なる点であり、それ故に免疫療法は大いに注目を集めています。ただ、免疫療法は新しい治療法なので、いずれは認められるかもしれませんが、現時点では保険適用が認められていないのです。従って、かかる費用は全額、自己負担となります。かかる費用というのは自由診療なので、医療機関によって違います。しかし、どの医療機関であっても費用は高額となります。せっかくの良い治療が、高額な費用のせいで受けられないというのは非常に悲しいことです。しかし、臨床試験ならば、高額な費用を一切支払わずに済ませることができます。

臨床試験の治療費

新しい治療法である免疫療法はデータが不十分な面があるため、臨床試験が必要であり、免疫療法の臨床試験を行っている医療機関は存在しています。そして、そういった医療機関では、参加者を募集しているのです。いわば、医療機関が研究のために体を提供することをお願いしているわけですから、費用は医療機関が全額負担することとなります。但し、医療機関が負担するのは、免疫療法そのものに関してのみです。診察代や検査代等は、患者が負担することになります。しかし、そうであっても診察代や検査代等は保険適用となりますから、一般的には3割負担で済むこととなります。また、高額療養費制度というものがあり、1月あたりの医療費の上限が定められていますので、利用すれば、更に費用を低く抑えることができます。