がんの第4の治療法

診察

ほぼ副作用がない

がんの標準治療とは手術、放射線治療、抗がん剤治療の3つであり、この3つを、がんの三大治療と言います。ただ、三大治療以外の第4の治療法が近年、注目されており、その治療法を免疫治療と言います。免疫治療は局所のがんだけではなく、全身のがんに効力を示しますので抗がん剤治療と同タイプの治療法だと言えます。但し、違いもあり、抗がん剤治療が、がん細胞だけではなく、正常な細胞にも作用してしまうのに対し、免疫治療は、がん細胞だけに作用するようになっています。抗がん剤治療が正常な細胞に作用することで、副作用が生じます。一方、がん細胞にしか作用しない免疫治療は、ほぼ副作用がない治療法となります。その点において免疫治療は三大治療と一線を画しており、そのことが注目されている大きな理由となっています。

併用することで高まる効果

もちろん、免疫治療は、ほぼ副作用がないことだけが特徴ではなく、がん細胞の増殖を抑制させたり、がん細胞を死滅させる効果もあります。ただ、その即効性に関しては現在のところ、不得手だと言える状況です。しかし、他の治療法と併用することは極めて有効だと言えます。即効性のある三大治療で、がん細胞の数を大幅に減らした上で免疫治療を行えば、より高い効果が期待できます。また、従来であれば三大療法では、まったく効果が得られない状況でも、免疫治療と併用することで効果が得られる場合もあります。但し、併用のタイミングは非常に重要であり、間違えると症状を悪化させてしまいます。そうならないためには、患者と各専門医との間で、綿密な治療計画を立てる必要があります。