白衣の人

病院でダイエットの相談

腰痛は腰椎間板ヘルニアや椎間関節の問題など、あらゆることが原因で腰痛になってしまうことがあります。もし、腰痛がある場合は整形外科などへ行って精密検査を受けて方が良いでしょう。

診察

名医の条件

腰痛の治療を受けたくても、平日は仕事や家事でなかなか通う時間が取れない、そんな時には週末のケアを行えるクリニックに相談をすると良いです。一般内科も取り扱っていることがあるため、総合的な相談役として強い味方になります。

聴診器を身に着けた人

成人病の弊害

糖尿病の症状としては口が異常に乾いたり体重が減少をするということが大きなポイントとなります。ですので、このようなことを感じたらすぐに肥満外来に行き適切な治療を受けることによって糖尿病の症状を抑えることが出来るでしょう。
食事

さまざまな治療法

ホルモンバランスが安定しなくなってしまうことによって、甲状腺の病気になってしまうことがあります。治療も進行によって方法が変わってくるので、医師からの説明をしっかり聞いておきながら決めるようにしましょう。

診察

病院での治療

がん治療の中で、女性が最も心配している病気が乳がんです。乳がんは定期健診や体調の変化で早期発見することが出来ます。乳がんの検査や治療を受ける際には、利用する機関の設備や医師、評価を確認しましょう。

男性と看護師

治療費を把握

乳がんなど重大な病気にかかってしまうと、生活が一変します。場合によっては長い間入院することもあるため、期間や手術費、入院費については詳しく知っておきたいものです。

人形

辛い治療を乗り越えられる

最先端のがん治療は免疫療法です。正常細胞でがん細胞をピンポイントで攻撃して、がん細胞を根本的に減らしていく方法です。副作用や拒否反応の心配は一切ありません。副作用が不安な人に最適でしょう。
診察

がんの第4の治療法

免疫治療は、ほぼ副作用がないことで注目されている、がんの治療法です。がん細胞の増殖抑制や、がん細胞を死滅させる効果も当然ありますが、現在のところ、即効性は低いとされています。ただ、他の治療法と併用させることは非常に有効であり、併用すれば、更なる効果が期待できます。

病院

がん治療の有益な情報

免疫療法は体への負担が少ない画期的な、がんの治療法ですが、新しい治療法であるが故、保険適用外であり、治療費は高額です。しかし、臨床試験として治療を受ければ、費用は医療機関が全額負担します。診察代や検査代等はかかりますが、保険適用です。また、高額療養費制度を利用すれば、更に費用を低く抑えられます。

女性

新しい治療法への対応

免疫療法は体に優しい、がんの新しい治療法なのですが、新しい故に問題もあり、特に高額な費用は大問題です。但し、先進医療として治療を受ければ負担は軽減できます。先進医療だと免疫療法以外の診療は保険適用です。通常、免疫療法にまつわる、すべての診療が保険適用外ですから、その分、費用を低く抑えられるのです。

救急車

強い疲労感

極度の疲労感や体調不良が続いたときは、慢性疲労症候群を一度疑ってみてください。この病気は専門科の医師による治療が必要です。そのため、心当たりがある人は一度病院を受診してみましょう。

治療にも効果がある

看護師

体を守りつつがんを治療していく

健康な人の体でも、がん細胞は毎日数千個ほど作られています。しかしそのがん細胞は、基本的には免疫細胞によって淘汰されます。つまり免疫細胞が活発なうちは、がん細胞が作られてもがんの発症は抑えられるわけです。年をとるにつれてがんの発症率が高くなるのは、加齢によって免疫細胞が弱っていくからです。 そしてその免疫細胞を強化するためにおこなわれているのが、免疫細胞治療です。免疫細胞治療により、がん細胞が減れば、腫瘍が小さくなったり転移しなくなったりします。 手術でも腫瘍を除去することはできますし、抗がん剤の投与でも転移を防ぐことはできます。しかしこれらの場合、健康な細胞も一緒にダメージを受けることになります。ところが免疫細胞治療だと、健康な細胞は一切ダメージを受けません。そのため体を守りつつ、がん治療を進めていくことができるのです。がんや高脂血症、動脈硬化などを完治させる為には早期発見することが重要です。高脂血症は生活習慣病の一つに含まれているので、不規則な生活習慣が続くことで発症しやすくなります。初期症状を把握しておいて、自分の体の不調を感知しましょう。初期症状の把握はとても重要です。

免疫細胞治療の治療費と回数

免疫細胞治療は、具体的にはまずは患者の免疫細胞を採取することから始められます。採取した免疫細胞を、培養により活性化させて数千倍に増やした上で、患者の体内に戻すのです。もとが自分の細胞ですから、拒絶反応が起こりにくく、安全性は非常に高いです。 ただし健康保険が適用されない自由診療なので、治療費の支払いは全額自己負担となります。具体的な治療費は、免疫細胞の採取と培養と投与とを1セットとして、1回あたり30万円ほどとなっています。 がんがどのくらい進行しているかによって、免疫細胞治療の必要回数は異なってきます。したがって、その回数に応じた治療費の支払いが必要となります。一般的には、5〜6回分を1クールとして、2クール分おこなわれることが多いです。